日々粉まみれ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

紅玉のピッツァ


紅玉をギュ〜〜〜〜〜〜〜っと凝縮した、アップルパイ的なピッツァを作りました。



パリセヴェイユの「ピッツァ・オ・ポム」を参考に、オーブンで2時間焼成。






紅玉は酸味が強いので、ある程度嵩が減ったら砂糖をたっぷりかけて、更に焼き込みます。

途中積み重ねた紅玉が崩壊したり、ひっくり返して重しをして圧縮したりとバタバタしながら
あっという間の2時間でした。



粗熱が取れたらカットして、マスカルポーネクリームと黒胡椒をトッピングしていただきます。



普通のアップルパイ(ショーソン・オ・ポム)を作った方が楽・・・だと私は思いますが
一度生の状態からのオーブン加熱っていうのをやってみたかったので、非常に満足。


それと、黒胡椒があるのとないのじゃ大違いで、この組み合わせはおすすめです。
紅玉のヴェリーヌ


紅玉のコンポートを作りました。からのヴェリーヌ。

コンポートシロップはゼリーに。
コンポートはピューレにして、ムースに。

上から下まで林檎尽くしです。




フワフワムースに、ぷるるんゼリー
少し甘めになってしまったけど、紅玉の香りと酸味はしっかり残っていて
美味しかったです :9
5-さんのくまパン


季節のフルーツとくまパンフレンチトースト。

くまパン・・・くま型のヒョウ柄パン。
カワイイ、ピンクのヒョウ柄なのですが、フレンチトーストにしたらわかんないですよね。(汗)


ご縁に甘え、図々しくもまた5-さんのアニマル柄パンを再度リクエスト。
ありがたやーありがたやー。いやホントわがまま言ってしまって。

一緒にカモフラ柄パンと様々な品種のりんごも頂いて。コチラはまた後程。




ジョナゴールドとカマンベール、ハムのホットサンド。
アクセントにピンクペッパーを利かせました。チーズのコクにりんごの酸味がたまらんのですよ。
後日、黒胡椒バージョンも食べましたが、どっちも美味しい。

ハァ至福。フルーツと肉の組み合わせ最高ー。
話はちょっとそれるけど、果物×肉(orしょっぱい味付け)が大好きなんですよ。
ドライイチヂクとブルーチーズ、イベリコ豚のカツとか
りんごの肉巻きバルサミコソースとか、美味しいのよね〜。
酢豚のパイナップルも、嫌な人いたら私にくれってくらい、スキ。


で、パンの話に戻すと
5-さんのパンは、歯切れがよくて、トーストするとさらに軽くて、美味しいのですよ。
また私には到底まねできない、アニマル柄という心惹かれる技術をお持ち。

これだから甘えちゃうんですよ。

2017栗尽くし


母の実家からもらった栗を渋皮煮にして
モンブラン、ガトーショコラ、マロンパイもどき、パンドジェンヌを作りました。

モンブランはメレンゲにフェテ、マロンクリームのシンプルなやつ。
うまい。






ガトーショコラはねっちり濃厚タイプ。これもうまい。
てか今年の栗、味が濃い。





問題はこいつで
FPでフィユタージュラピッド作ったら、水の計量ミスでペースト状のものが出来上がり、
無理やり焼いてみたら、まぁ外はサクサクしてはいるけど、中だんご。
強いて言えば、スコーンっぽい。
もちろん食べられるけど、この生地、×3くらいある。バターの消費量に涙。






パッと見、カステラに見えるパンドジェンヌ。
安定のしっとりホロホロ感。
うまい。


とりあえず、栗やっつけた。満足満足。
そしてブログもやっつけ感が満載。


梅干し2017


7月末に出来上がった今年の梅干し。



3か月後の現在は、こんなに梅酢が上がってきています。
この変化を見るのが楽しくて、ほくそ笑みながら眺めています。

さぁ、どんどん円やかになりたまえ、梅干したちよ!