日々粉まみれ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

姫リンゴの焼きタルト


蔵前にある、菓子屋シノノメの焼き菓子をいただきました。

ほほぅ、なるほど。なるほど。インスタで眺めていたお菓子は、こういう味なのね。
他にもウィークエンドや烏龍茶のマドレーヌ、ヴィエノワズリーなどなどを大人買いしてきたので
じっくり眺めながらいただいています。

店内も素敵。並べられているお菓子も素敵。ぜーんぶ素敵。・・・スキ。




タルト可愛いでしょう。

こんなお菓子を作りたい。

アップルパイ


サックサクのアップルパイ焼きました。

なかなか時間が取れず、フィリング作って5日・・・冷凍庫に眠ってた生地解凍して2日・・・
やっと成形したと思ったら、さらに1日が過ぎ・・・。

仕事の昼休憩中、家に戻って焼きました。(職場から家までチャリで5分)


バター少なめのサブレっぽい生地だけど、焼き立てサクサク。
シナモン・カルダモン・生姜入りのフィリングも、トロトロでめちゃうまい。


あー年末に仕事持ち込みたくないな――――――――――

紅玉のピッツァ


紅玉をギュ〜〜〜〜〜〜〜っと凝縮した、アップルパイ的なピッツァを作りました。



パリセヴェイユの「ピッツァ・オ・ポム」を参考に、オーブンで2時間焼成。






紅玉は酸味が強いので、ある程度嵩が減ったら砂糖をたっぷりかけて、更に焼き込みます。

途中積み重ねた紅玉が崩壊したり、ひっくり返して重しをして圧縮したりとバタバタしながら
あっという間の2時間でした。



粗熱が取れたらカットして、マスカルポーネクリームと黒胡椒をトッピングしていただきます。



普通のアップルパイ(ショーソン・オ・ポム)を作った方が楽・・・だと私は思いますが
一度生の状態からのオーブン加熱っていうのをやってみたかったので、非常に満足。


それと、黒胡椒があるのとないのじゃ大違いで、この組み合わせはおすすめです。
紅玉のヴェリーヌ


紅玉のコンポートを作りました。からのヴェリーヌ。

コンポートシロップはゼリーに。
コンポートはピューレにして、ムースに。

上から下まで林檎尽くしです。




フワフワムースに、ぷるるんゼリー
少し甘めになってしまったけど、紅玉の香りと酸味はしっかり残っていて
美味しかったです :9
2017栗尽くし


母の実家からもらった栗を渋皮煮にして
モンブラン、ガトーショコラ、マロンパイもどき、パンドジェンヌを作りました。

モンブランはメレンゲにフェテ、マロンクリームのシンプルなやつ。
うまい。






ガトーショコラはねっちり濃厚タイプ。これもうまい。
てか今年の栗、味が濃い。





問題はこいつで
FPでフィユタージュラピッド作ったら、水の計量ミスでペースト状のものが出来上がり、
無理やり焼いてみたら、まぁ外はサクサクしてはいるけど、中だんご。
強いて言えば、スコーンっぽい。
もちろん食べられるけど、この生地、×3くらいある。バターの消費量に涙。






パッと見、カステラに見えるパンドジェンヌ。
安定のしっとりホロホロ感。
うまい。


とりあえず、栗やっつけた。満足満足。
そしてブログもやっつけ感が満載。