日々粉まみれ。
あんずとピスタチオのタルト


残ったあんずのコンポートは、ギュギュ〜っと焼きこんだタルトになりました。

・・・ちょっと焼きすぎたかな。
ま、焼き足りないよりは全然いいけど〜♪




サワークリーム入りのピスタチのダマンドに、余ってたクランブルも載せて。
パートシュクレはあらかじめ空焼きしておいて、型に合わせてカット。
はみ出た生地は砕いてクランブルと一緒に散らしました。

やっぱりこのあんずは、焼きこんで正解!
味が凝縮して、酸味がアクセントになって美味しかったー。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!

レモン×プラリネ×ミルクチョコレート


レモンとプラリネ、ミルクチョコレートのダコワーズを作りました。

レモンの皮をたっぷり加えたヘーゼルナッツ風味のダコワーズに
プラリネクリームとミルクチョコクリーム。そして、甘酸っぱいレモンピールを散らして。

食感のアクセントに、存在感のある大ぶりのクランブルもプラス。



組み合わせはテッパンなので、言わずもがな。

レモンピールの作り方は、パリセヴェイユの「オレンジの皮のコンフィ」の作り方を参照しました。
シンプルだけど、すごく美味しい。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!
ローズマリーとシトラスのパンドジェンヌ


食べなきゃ食べなきゃと思いつつ、一週間冷蔵庫で放置されていたパンドジェンヌ。


普通のパンドジェンヌの生地に、ローズマリーとレモン、オレンジピール、たんかんジャムを加えて焼き上げました。





夫に、コレ絶対チーズ入ってた方がいい!!とのご指摘が。

たしかにー。もっともな意見過ぎて、返す言葉もございません。
角切りのゴーダチーズとか入っていたら満点だわ。悔しいな。また作ろ。

ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!

季節外れのキャラメルポワール


去年、いつかのためにと完熟ラ・フランスをピューレにして冷凍保存しておいたのですが
月日は流れ、もう5月・・・。

このままだとあっという間に秋が来て、またラ・フランスがやってくる。

本格的に夏が来る前に冷凍庫を少しでも空けておきたかったのと
丁度良く材料も揃っていたので、ヴェリーヌ仕立てのキャラメルポワールを作りました。

キャラメルポワールは秋だよね、と自分に突っ込みつつ、出来上がったのがまぁ美味しいこと!!




下から
ラ・フランスのコンポート入りジュレ
ババロアポワール
アーモンドビスキュイ
シャンティキャラメル
キャラメルクリーム
ヘーゼルナッツのクランブル

上の層は濃厚に、食べ進めていくと最後はサッパリとジュレで〆。


グラス4個分だからこのくらいかな〜と勘を頼りに仕込んだら、どれもまぁピッタリな分量w
少しも余らせることなく、出来上がりました。ドヤw




自分で作っておきながら、このヴェリーヌが想像以上に美味しくて。
というか、自分好みに出来上がってくれたということなのですが。

これ、また秋にも食べたいなー。

でもそのころには忘れて、また完熟フルーツ冷凍保存しての無限ループが目に浮かぶ・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!
奄美のクレーム・ダンジュ


奄美特産の柑橘「たんかん」を使ったクレーム・ダンジュを作りました。
たんかんをベースに、パッションフルーツやマンゴー、バナナといった南国フルーツを合わせています。




産直で出会った、たんかん(4月のことですが・・・)
今まで食べたことがなかったので、これ幸いとばかりに買ってみたのですが

とにかく甘くて酸味はほとんどなくて、その甘さも濃厚ー。

甘い、がしかし旨い!!!

旬は終わったから、また来年も買いたいなーと思ったほど好みの柑橘でした。

一緒にたんかんジャムも買ったので、ぜひスイーツにと思って作ったのがコレです。





クレーム・ダンジュの中には奄美ソース(たんかん、マンゴー、パッションフルーツ)を入れて
アーモンドビスキュイを敷いて、クレープ生地で包んでいます。

トッピングには、たんかんとバナナとピンクペッパーのマリネ。
そしてホワイトチョコレートや白ワインのジュレ、たんかんジャムで仕上げました。

ふぅ〜、パーツが多いと書き出すのも大変だ・・・





中から奄美ソースがとろーり。

クレーム・ダンジュにはベリー系のソースを合わせるのがメジャーだけど
トロピカル系も美味しいですよ。

すっかり夏のスイーツだなこりゃ。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!