日々粉まみれ。
桜のダコワーズ

桜色のパッケージに、桜のお菓子。
もうじき春ですね。



色付けした米粉のダコワーズに、桜餡とホワイトチョコのバタークリームをサンドしています。
ちゃんとパッケージに入れておいたら、
何も知らずに食べた夫が「どこの?(※どこで買ったお菓子?)」と聞いてきました。

ふふふ

私MADEですよー!



カワイイパッケージは、Suipaさんで取り扱っている商品です。
ギフトボックス合掌袋はカラーバリエーションがあるので、作るお菓子や送るシチュエーションに合わせて選べるのが魅力です。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!


柑橘づくしのカップスイーツ

今が美味しい、柑橘類。
「はるみ」「せとか」「甘平」「ぽんかん」の4種類を使って、スイーツを作りました。




構成は下から
・レモンとぽんかんのゼリー (あ、レモンも使ってた!)
・ぽんかんのマーマレード
・レモンケーキ(コアントロー浸し)
・レモンピールとサブレをホワイトチョコレートでコーティングしたもの
・チーズとサワークリームのクリーム
・はるみ、せとか、甘平
・ピスタチオ

書き出してみると、みかんのスイーツというより、レモン推しになってる。

カップはSuipaさんのを使いました。
カップに蓋とスプーンがセットになっていて、HPではカップ寿司に使っていますね。
ひなまつりにも使えそう―です。



柑橘もどんどん新しい品種が出てきてるけど、私は「せとか」が好きです。

夫と柑橘食べ比べをしてみたら、それぞれ全く違っていて面白かったです。
食感、果汁感、粒の弾け方、香り、甘みと酸味のバランス

みんな違ってみんなイイみたいな。でも私はやっぱり酸味がないとダメでした。
どんなに甘みが強くてもねー。



クリームは半端に残っていた材料を合わせただけです。
生クリーム1:クリームチーズ0.6:サワークリーム0.4くらいかな。砂糖は適量で。

チーズクリームって簡単だし美味しいから、ついつい作っちゃう。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!




チョコレートのスコップケーキ


バレンタインが近いからか、テレビでよくチョコレート特集をしていますね。
ついつい見ちゃうんだけど、チョコつまみながら見ないと耐えられません。

ピエール・マルコリーニのチョコだと想像して、家にあるテキトーなチョコをつまむ。


・・・う〜ん、美味し(単純)


でもこれだけで満足できるはずもなく、ガッツリとチョコレートのお菓子を作りました。


チョコスポンジに、いちご、バナナ、チョコクリーム!
王道ですが、やっぱりこの組み合わせは美味しいですね〜。
スポンジはルミさんのレシピで、ふわんふわん飲み物レベル。

クリームは、チョコ(56%)60g+牛乳40gでガナッシュ作って、
生クリーム(35%)120gを3回くらいに分けて加えて、ゆるーく立てています。
あんまり空気抱き込ませず、冷やすとギュッと締まった濃厚なクリームに仕上げました。


器はSuipaさんのアシェットLというケーキトレーを使って。
このトレーは180℃までなら焼成可能ですが、わたし的にはちょっと低いなーという印象をもったので
ベイクには使わず、器として使いました。




カカオニブのチュイールを作ろうと思っていたけど、時間がなくてホワイトチョコにまぶしただけに。

結果、湿気る心配もないし、美味しかったからいっかー。

ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!


クレーム・ダンジュ


今月号の料理通信「おやつとデザート」に掲載されていたクレーム・ダンジュが美味しそうで美味しそうで。

フロマージュ・ブランは手に入らないけど、ヨーグルトで代用して作ってみました。




まずは450gのヨーグルトを150gになるまで水切りして、生クリーム100gと砂糖40gは8部立てに。
水切りヨーグルトはリキュールを適量加えて練り混ぜて、立てた生クリームとざっくりと混ぜ合わせます。
リキュールはホワイトラムを使いました。

レシピにも書いてあるんだけど、均一でない方が美味しいので、あえてムラを残す感じで混ぜるのがミソ。


ガーゼに包んで冷蔵庫で寝かせれば完成。さらに水分が抜けて濃厚な味わいになります。

ガーゼじゃなくキッチンペーパーでもいいんだけど、写真撮るなら断然ガーゼの方が見栄えがいいので
わざわざ買ってきました。(自己満足〜♪。)


出来上がったクレーム・ダンジュに、お好みでフルーツのソースを添えていただきます。

今回はパフェ風に。


グラスの底にジャムとスポンジを入れて、クレーム・ダンジュを盛って、サブレを添えました。
仕上げに上からジャムをかけて、ピスタチオと粗挽き黒胡椒を散らしています。

この黒胡椒が大事!!!味がググッと締まります。


本のレシピでは生の苺をピューレにしてソースとして使っていたけど、
フレッシュな果物がなかったのでジャムで代用。

ベリーのジャムと、梨とバニラのジャムです。
ベリーのジャムはクレーム・ダンジュに合わせるには、個性と甘さが強すぎました。
梨のジャムが意外や意外よく合っていて美味しかったです。





パフェグラスに使ったのはSuipaさんのトルネードパフェゴールド
面白い形ですよね。
プラスチックだけど、落ち着きのある色味が大人っぽくて、仕上がりに高級感がでる気がします。

ボリュームのある形が華やかさも演出してくれるので、
パーティとかちょっとしたお祝い事に使えば、より引き立ちそうですね。


ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!

ブタさん型チョコレート


Suipaさんのシュセットモールドを使って、棒付きチョコレートを作りました。

このブタさん、可愛すぎる。表情がなんとも言えません。




白いブタさんは、ホワイトチョコとピスタチオガナッシュ。
黒いブタさんは、ダークチョコとラズベリーガナッシュ、そしてラズベリージャム。

ほっぺやハートの部分はストロベリーチョコを使いました。





普段からチョコの飾りとか作っていれば、要領よくできるかもしれないけど
私そんなことしてこなかったし、メンドクセーと思っちゃう人だったので、四苦八苦しました。

でも大変だった分、出来上がったチョコレートは一層可愛くて。




チョコレート用の袋に入れれば、プレゼントにぴったり。

家では全部、夫のおやつになりましたが・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へランキング参加中!