日々粉まみれ。
胡桃クッキー


元パティシエです。お菓子作れます。

と、ほうぼうで言っていたら、当地の信濃くるみを頂く機会が何度かありました。

国産で生胡桃。めちゃくちゃ美味しくて、ついついそのまま食べてしまいますが
せっかくなので、胡桃をたっぷりと加えたクッキーを作ってみました。




まずは殻を剥くところから。
簡単に剥く方法も教えてもらい、とにかく無心で剥く。


レシピはCpicon 究極(笑)クルミのキャラメルクッキー by *ai*



無花果と胡桃のフィナンシェも作って、クッキーと一緒におやつに。

胡桃をすりつぶしてパウダーにして加えているのですが、アーモンドプードルとは一味違う
奥深い味わいで、とても美味しい。

クッキー生地の半量は冷凍してあるので、また今度頂こう。


それにしても、殻剥きからはじまるお菓子作りは、中々ハードでした。
ぶどうの新芽を食べてみた


タイトルの通り、ぶどうの新芽を食べてみました。

これはちなみに、巨峰の新芽です。
成長に不必要な芽を欠く際に、美味しそうな?芽を持って帰ってきました。
さながら山菜採りのように。




芽は天ぷらにして食べるのが一般的なようで、それにならってまずは天ぷらに。




酸っぱい、苦い、渋いと聞いてはいましたが

葉っぱは、ほぼ無味。茎はほんのり酸味があり、実の部分が超酸っぱかったです。

これは・・・決して美味しくは、ない!

山菜をイメージして食べてしまうと、ダメですね。
物珍しさで食す、という感じでしょうか。




天ぷらにするにはちょっと小さい芽は、塩茹でなんかしてみましたが、
そのまま味見をすると、美味しくない、いや不味い。

でもポテンシャルはあるように感じたので、刻んで何かに使えそうな気もしなくもないです。




夕飯のおかずにと沢山採ってはきたけれど、
これは天ぷらの盛り合わせの中に一つか二つ添えるような立ち位置で
面白半分、四季を感じさせる食材として扱うのが正解でした。


ぶどうの芽が食べられることは去年知り、一度食べてみたいと思っていたので
とりあえず満足です。
暮らし


引っ越しの片付けも8割方終わり
やっと、ゆっくりごはん作りが出来るようになりました。
(残りの2割は、もう飽きて見て見ぬ振りをしております)

インスタの影響からか、常備菜を豆皿に少しずつ持って、ちょこちょこ食べるのが最近の気分です。



常備菜の一つ、鶏の南蛮漬けを。

モラタメで頂いた創味の「だしのきいたまろやかなお酢」を使ってみました。


酸っぱいのが苦手な夫にはありがたい、絶妙な酸味と旨味。
酸っぱいのが大好きな私には、まろやか過ぎてちょっと物足りないないかな?という印象。

シンプルにピクルスとか、試してみたいです。



そうそう、
引っ越し先はガスではなく、IHのコンロに。
元々焦げ付いて汚れきっていたIHでしたが、一日磨き続けて(母が)
ご覧の通りピカピカに(感謝)

私じゃ、とっくのとうに諦めてましたね。

実家もIHなので、なんだか実家にいるような気持ちで、料理をしています。





きゅうりと茗荷の浅漬けを盛った器は、親戚から貰ったもの。


佇まいがステキで、かつ使い勝手がよすぎてヘビロテ。
高台皿で、食卓のアクセントになって良き。
何乗せても様になる。


良いもの貰っちゃったな。



スタート


近々、中古住宅に引越しします。

実は先月に引っ越しているはずでしたが、契約がスムーズにいかず
ひと月伸びて、5月から新たな生活が始まります。





引越し先はクリーニング業者が入らないので、土日を利用して掃除をしているのですが


天井から押し入れの中、扉や窓。
外せるものはすべて外して、雑巾がけ。拭いても拭いても、雑巾が真っ黒。

掃除機で吸っても吸っても、ゴミが出てくる謎。

1日1部屋掃除するのが精一杯。


中古住宅を一人で掃除するのは想像以上に大変で、クタクタになりながら月曜を迎えるこの頃。


疲弊しながらも、新たな生活へワクワクしつつ
でも出費も嵩んでおり、色んな気持ちがごちゃ混ぜになって
体だけではなく、心も少し疲れ気味です。




タイミングよくいただいたヘルパータスケを使って
掃除をしたらアルコール除菌スプレーをシュッと一拭き。達成感と満足感!
これやっとけば大丈夫でしょう。

とりあえず掃除は、来週の土日を使って終わらせなければ!!

あとは、なるようになるさ。
余りもの消費のシュークリーム


半端に余ってしまった、アーモンドとサラダ油入りのブロンドチョコレート。
これはパウンドケーキをコーティングするために用意したのですが
コーティング後はどうしても余ってしまうもの。

どうにか使い切りたいという思いに
なんだかシュークリームが食べたいなーという気持ちが重なって
余りもの消費を兼ねたシュークリームを作りました。




よく焼きの香ばしいシュークリーム
コーヒー風味のカスタードクリームとフェテを合わせたクリーム


チョコもきれいになくなって、シュークリーム欲も満たされて、満足満足。